‘16年“ 奄美諸島のアイランドホッピング 11th , 12th & 13th leg ”

2016年03月14日

10日より、2月末に参加したJALPAK旬感旅行 “ 跳び飛びの旅 小型プロペラ機で奄美諸島のアイランドホッピング 2日間 ” のレポートを掲載していますので、宜しければご覧頂ければと・・・・・。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日のルートは3rd leg ~ 5th legの反対回りです。 奄美(RJKA)より11th legの沖永良部(RJKB)、12th legの与論(RORY)、そして13th legの奄美(RJKA)へ戻りました。 旅行初日の奄美諸島の天気は、曇り&雨で最悪でしたが、2日目の天気は与論(RORY)は晴天でしたが、他の場所は相変わらず曇りでしたが、取り敢えず雨でなかったので良しと・・・。 今回、アイランドホッピングのフライトは全て小型プロペラ機のSAAB340B型機で、同型機を日本国内で使用している航空会社は、北海道・札幌/丘珠空港(RJCO)をベースとする北海道エアシステム(NTH)と、今回のJACの2社。 いずれの所属機も、機齢的に高齢で、退役を迎えるのも時間の問題かと思われます。 しかしながら、今回搭乗してみてその力強さと飛行の安定性には感心しました。 奄美(RJKA)以外の空港は、滑走路が短くそれをカバーする為、離陸時には滑走路端でエンジン出力を全開にし、ブレーキを開放にすることで力強く離陸し、反対に着陸時は最短で停止させる為にハードランディンヅをし、それを平均機齢約20年の機材が行っている事実と、当日の様な悪天候時にも安定感あるフライトには安心して搭乗出来ました。 余談ですが小型プロペラ機への搭乗は、三十数年前に米国ラスベガス(KLAS)からグランドキャニオン(KGCN)へ往復時に搭乗したシーニック航空機以来でした。

** フライトスケジュール **
【1日目(02月27日)】・・・羽田 JAL103✈ 伊丹 JAL2465✈ 奄美 JAC3861✈ 与論 JAC3856✈ 沖永良部 JAC3850✈ 奄美 JAC3835✈ 喜界 JAC3784✈ 鹿児島

【2日目(02月28日)】・・・鹿児島 JAC3723✈ 奄美 JAC3831✈ 喜界JAC3832✈ 奄美 JAC3851✈ 沖永良部 JAC3855✈ 与論 JAC3862✈ 奄美 JAC3835✈ 喜界 JAC3784✈ 鹿児島 JAL654✈ 羽田

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日の搭乗区間と搭乗機のレジ番は・・・・・

11th leg : 奄美(RJKA) ✈ 沖永良部(RJKB) JAC3851便/席番3A
JAC/JA002C/SAAB340B型機

12th leg : 沖永良部(RJKB) ✈ 与論(RORY) JAC3855便/席番7C
JAC/JA002C/SAAB340B型機

13th leg : 与論(RORY) ✈ 奄美(RJKA) JAC3862便/席番11A
JAC/JA002C/SAAB340B型機

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

f0352866_2153158.jpg
f0352866_21541432.jpg
f0352866_21542647.jpg
f0352866_21543753.jpg
f0352866_2154597.jpg
f0352866_21551041.jpg
f0352866_21553397.jpg
f0352866_21554779.jpg
f0352866_2156248.jpg
f0352866_21561737.jpg
f0352866_21564066.jpg
f0352866_21565262.jpg
f0352866_21571075.jpg
f0352866_21572487.jpg












































































































          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
by winglets | 2016-03-14 23:15 | スペシャル | Comments(0)
<< ‘16年“ 奄美諸島のアイラン... ‘16年“ 奄美諸島のアイラン... >>