人気ブログランキング |

<   2020年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

‘20年 羽田空港レポート ・・・ CPA/B-HNH

2020年02月29日

新型コロナウイルスの感染拡大に伴いキャセイパシフィック航空(CPA)とキャセイドラゴン航空(HAD)は、日本発着8路線の一部便を03月28日までに減便するとの事です。 但し、実施予定便に今後変更となる可能性があるので、詳しくはホームページのチェックは必要と思われます。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日の掲載機は、撮影前日CX542便として香港国際空港(VHHH)から到着し、その後CX543便としてVHHHへ向け飛び立ちました。 尚、当該機の当ブログへの掲載は初掲載となります。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日のレジ番機は・・・・・

CPA/B-HNH/B777-367型機 

【 製造/ライン番号: 27504/0136 受領日:1998年05月22日 】

*撮影日と場所:2020年02月08日 / 羽田空港第1ターミナル・展望デッキ

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

‘20年 羽田空港レポート ・・・ CPA/B-HNH_f0352866_21555298.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ CPA/B-HNH_f0352866_2156244.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ CPA/B-HNH_f0352866_21561014.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ CPA/B-HNH_f0352866_21561862.jpg


          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
by winglets | 2020-02-29 23:15 | 羽田空港(RJTT)レポート | Comments(0)

‘20年 羽田空港レポート ・・・ ANA/JA795A

2020年02月28日

1995年7月就航以来、 『 スーパードルフィン 』 の愛称で親しまれている、ANA/B737-54K型機の退役が迫っています。 現在、在籍する 『 スーパードルフィン 』 は3機で、レジ番は、JA305K、JA306K、JA307Kです。 予定では、JA305Kは3月、JA307Kは4月、そしてJA306Kは6月頃に退役する予定との事です。 今般、その退役を記念したキャンペーンが行われ、その専用コンテンツがANA/HPに掲載されていますので、ご興味のある方は下段のURLをご覧下さい。

ANA/HP・・・専用コンテンツ
https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/campaign/anab737-500/

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日の掲載機は、撮影時NH212便としてロンドン・ヒースロー空港(EGLL)から到着し、その後NH203便としてフランクフルト空港(EDDF)へ向け飛び立ちました。 尚、当該機の当ブログへの掲載は初掲載となります。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日のレジ番機は・・・・・

ANA/JA795A/B777-381(ER)型機  

【 製造/ライン番号: 61514/1598 受領日:2019年07月01日 】

*撮影日と場所:2020年02月08日 / 羽田空港国際線ターミナル・展望デッキ

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

‘20年 羽田空港レポート ・・・ ANA/JA795A_f0352866_2134570.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ ANA/JA795A_f0352866_2135484.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ ANA/JA795A_f0352866_214270.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ ANA/JA795A_f0352866_2141229.jpg


          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
by winglets | 2020-02-28 23:15 | 羽田空港(RJTT)レポート | Comments(0)

‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA709J

2020年02月27日

先が見えない新型コロナウイルスの感染拡大に伴うJALの各種対応で、日本国内ラウンジに於ける飲料サービスを個食・個包装でのサービス、又は係員による提供サービスに順次変更されるとの事です。 ホームページ上で日々更新されていますのでチェック要です。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日の掲載機は、撮影時JL093便としてソウル金浦国際空港(RKSS)へ向け飛び立ち、その後JL094便としてRKSSから到着しました。 尚、当該機の当ブログへの掲載は2回目となり、初回の掲載は2016年10月28日でした。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日のレジ番機は・・・・・

JAL/JA709J/B777-246(ER)型機 

【 製造/ライン番号: 32896/0489 受領日:2004年09月02日 】

*撮影日と場所:2020年02月08日 / 羽田空港国際線ターミナル・展望デッキ

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA709J_f0352866_2155272.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA709J_f0352866_21553726.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA709J_f0352866_21554520.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA709J_f0352866_21555574.jpg


          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
by winglets | 2020-02-27 21:42 | Comments(0)

‘20年 羽田空港レポート ・・・ DLH/D-ABYD

2020年02月26日

ルフトハンザ・グループは先般、国際的な非営利団体であるCDPによる2019年度の気候変動に関する調査 “ CDP2019 ” に於いて、 「 CDPBリスト 」 企業に2年連続で認定されたとの事です。 「 B 」 は2番目に高いランクで、航空会社の中ではトップに位置付けられているそうです。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日の掲載機は、撮影時LH716便としてフランクフルト空港(EDDF)から到着し、その後LH717便としてEDDFへ向け飛び立ちました。 尚、当該機の当ブログへの掲載は2回目となり、初回は2015年09月11日でした。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日のレジ番機は・・・・・

DLH/D-ABYD/B747-830型機 

【 製造/ライン番号: 37829/1453 受領日:2012年08月24日 】

*撮影日と場所:2020年02月08日 / 羽田空港国際線ターミナル・展望デッキ

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

‘20年 羽田空港レポート ・・・ DLH/D-ABYD_f0352866_19532142.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ DLH/D-ABYD_f0352866_19533557.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ DLH/D-ABYD_f0352866_19534878.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ DLH/D-ABYD_f0352866_19535780.jpg


          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
by winglets | 2020-02-26 23:15 | 羽田空港(RJTT)レポート | Comments(0)

‘20年 羽田空港レポート ・・・ SJO/JA04GR

2020年02月25日

春秋航空日本(SJO)から 『 SPRING JAPAN、日本LCC初実機改装モックアップ訓練施設を設置~人材育成、訓練品質向上およびコスト削減に期待~ 』 と題したプレスリリースが出されています。 内容を簡単にご紹介いたしますと、成田空港(RJAA)に隣接している航空科学博物館との連携により、館内に新設された 「 体験館 」 にSJOのモックアップ訓練施設を設置し、客室乗務員の訓練施設として使用する一方、訓練以外の日は来館者へ展示するとの事。 興味のある方は下段のURLをご覧下さい。

SJO/HP・・・プレスリリース
https://ajax.springairlines.com/style/site/img/home/SPRING%20JAPAN国内初実機改装訓練施設を設置.pdf

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日の掲載機は通常、成田空港(RJAA)をベースに、国内線、国際線に就航していますが、02月02日~09日の期間、整備の為に羽田空港(RJTT)に滞在していました。 SJOはJAL(JALエンジニアリング)と航空機の管理を含む包括的な整備業務委託契約を結でいます。 尚、当該機の当ブログへの掲載は2回目となり、初回の掲載は2018年01月05日でした。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日のレジ番機は・・・・・

SJO/JA04GR/B737-8AL(WL)型機 

【 製造/ライン番号: 61776/6223 受領日:2017年01月13日 】

*撮影日と場所:2020年02月08日 / 羽田空港国際線ターミナル・展望デッキ

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

‘20年 羽田空港レポート ・・・ SJO/JA04GR_f0352866_2049841.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ SJO/JA04GR_f0352866_20492079.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ SJO/JA04GR_f0352866_20493010.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ SJO/JA04GR_f0352866_20494298.jpg


          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
by winglets | 2020-02-25 23:15 | 羽田空港(RJTT)レポート | Comments(0)

‘20年 羽田空港レポート ・・・ SIA/9V-SMS

2020年02月24日

使用機材に関し、シンガポール航空へのイメージとしては、常に最新鋭の新機材を使用している航空会社であると。 現在のフリートは、エアバス系のA330-343型機が10機、A350-941型機が48機、A380-861型機が19機の小計77機、ボーイング系はB747-412型機7機、B777-212型機8機、B777-312型機32機、B787-10型機が15機の小計62機、合計139機となっています。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日の掲載機は、撮影時SQ632便としてシンガポール・チャンギ国際空港(WSSS)から到着し、その後SQ633便としてWSSSへ向け飛び立ちました。 尚、当該機の当ブログへの掲載は初掲載となります。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日のレジ番機は・・・・・

SIA/9V-SMS/A350-941型機 

【製造番号: 0158 受領日:2017年11月30日】

*撮影日と場所:2020年02月08日 / 羽田空港国際線ターミナル・展望デッキ

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

‘20年 羽田空港レポート ・・・ SIA/9V-SMS_f0352866_19462087.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ SIA/9V-SMS_f0352866_19463128.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ SIA/9V-SMS_f0352866_1946458.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ SIA/9V-SMS_f0352866_19465787.jpg


          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
by winglets | 2020-02-24 23:15 | 羽田空港(RJTT)レポート | Comments(0)

‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA05XJ

2020年02月23日

昨年10月31日、首里城の正殿、北殿、南殿が全焼した報道には、個人的にも大変残念でショックな出来事でした。 復興を願う支援の輪は、全国に広がっています。 JALでも、支援の一環として、本日の掲載している特別塗装機を就航させています。 当該機のL1ドア脇に首里城再建キャンペーンロゴ、機体後部側面には 『 JALグループは、首里城再建を応援してまいります。 』 とのメッセージが施され02月01日より就航しています。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日の掲載機は、撮影時JL504便として新千歳空港(RJCC)から到着し、その後JL319便として福岡空港(RJFF)へ向け飛び立ちました。 尚、当該機の当ブログへの掲載は初掲載となります。


          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日のレジ番機は・・・・・

JAL/JA05XJ/A350-941型機 

【製造番号: 0370 受領日:2019年12月11日】

*撮影日と場所:2020年02月08日 / 羽田空港第1ターミナル・展望デッキ

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA05XJ_f0352866_186366.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA05XJ_f0352866_1864585.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA05XJ_f0352866_1865440.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA05XJ_f0352866_18736.jpg


          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
by winglets | 2020-02-23 23:15 | 羽田空港(RJTT)レポート | Comments(0)

‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA04XJ

2020年02月22日

2010年01月、JALは会社更生法適用を申請し、経営破綻となりました。 この年、JALはCMキャラクターにアイドルグループ“嵐”を起用し、同年09月に特別塗装機の初代 『 嵐ジェット2010 』 B777-246型機/JA8982が就航しました。 その“嵐”は、今年デビュー20周年となり、それを記念した特別塗装機 『 20th ARASHI THANKS JET 』 A350-941型機/JA04XJが昨年11月より就航しています。 因みに当該機は左右異なるデザインで、スターボートサイドが嵐JET初就航時の嵐の顔でカラー画像、ポートサイドは20周年を迎えた嵐の顔で白黒画像が施されています。 今年末でのグループ活動休止が発表されているので、今回で嵐JETは最後と思われます。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日の掲載機は、撮影時JL313便として福岡空港(RJFF)へ向け飛び立ち、その後JL314便としてRJFFから到着しました。 尚、当該機の当ブログへの掲載は初掲載となります。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日のレジ番機は・・・・・

JAL/JA04XJ/A350-941型機 

【製造番号: 0352 受領日:2019年10月26日】

*撮影日と場所:2020年02月08日 / 羽田空港第1ターミナル・展望デッキ

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA04XJ_f0352866_22165729.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA04XJ_f0352866_22175824.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA04XJ_f0352866_2218972.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA04XJ_f0352866_22182185.jpg


          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
by winglets | 2020-02-22 23:15 | 羽田空港(RJTT)レポート | Comments(0)

‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA03XJ

2020年02月21日

JALホームページに 『 クイズに答えて航空券やモデルプレーンをGETしよう! 』 と題した専用コンテンツをご存知でしょうか。 JAL国内線に就航している、A350-941型機、B787-846型機の何れも国内線仕様の新機材就航を記念したキャンペーンで、今回が第3弾です。 商品として、JAL国内線往復航空券が1名、モデルプレーンは各機種3名と・・・個人的意見ですが、商品の当選本数が少ない様な・・・。 さて、クイズの問題ですが 『 羽田―福岡線のAIRBUS A350 2020年3月は1日何往復? 』 です。 興味のある方は下段のURLをご確認下さい。

JAL/HP・・・クイズ専用コンテンツ
https://www.jal.co.jp/dom/special/a350b787/index.html

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日の掲載機は、撮影時のJL306便として福岡空港(RJFF)から到着し、その後JL317便としてRJFFへ向け飛び立ちました。 尚、当該機の当ブログへの掲載は初掲載となります。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日のレジ番機は・・・・・

JAL/JA03XJ/A350-941型機 

【製造番号: 0343 受領日:2019年09月20日】

*撮影日と場所:2020年02月08日 / 羽田空港第1ターミナル・展望デッキ

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA03XJ_f0352866_20121286.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA03XJ_f0352866_20122396.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA03XJ_f0352866_20123223.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ JAL/JA03XJ_f0352866_20124086.jpg


          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
by winglets | 2020-02-21 23:15 | 羽田空港(RJTT)レポート | Comments(0)

‘20年 羽田空港レポート ・・・ HVN/VN-A898

2020年02月20日

航空会社によっては古い機材から新しい機材へのリプレーストメントが予定通りに進まないケースが多々あると思いますが、ベトナム航空(HVN)の場合を調べたら、非常にうまく成されていました。 日本の航空会社では未だ主力機として就航しているB767型機、B777型機は既に全機退役し、その後継機としてA350型機(14機)、B787型機(14機)が中距離国際線の主力機として就航し、国内線や近距離国際線にはA321型機(74機)が就航しています。 物凄くシンプルな構成に驚いています。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日の掲載機は、撮影時のVN384便としてハノイ/ノイバイ国際空港(VVNB)から到着し、その後VN385便としてVVNBへ向け飛び立ちました。 尚、当該機の当ブログへの掲載は初掲載となります。

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

本日のレジ番機は・・・・・

HVN/VN-A898/A350-941型機 

【製造番号: 0279 受領日:2019年03月01日】

*撮影日と場所:2020年02月08日 / 羽田空港国際線ターミナル・展望デッキ

          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

‘20年 羽田空港レポート ・・・ HVN/VN-A898_f0352866_2121435.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ HVN/VN-A898_f0352866_21215411.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ HVN/VN-A898_f0352866_212269.jpg


‘20年 羽田空港レポート ・・・ HVN/VN-A898_f0352866_21221548.jpg


          ✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈
by winglets | 2020-02-20 23:15 | 羽田空港(RJTT)レポート | Comments(0)